Rosewood Mirror by Aksel Kjersgaard

¥85,000

 

  Aksel Kjersgaardは家具職人、デザイナーとしてヨーロッパとモロッコで経験を積むというこの時代の他の職人やデザイナーとは少し変わった経歴を歩んだのち1952年に自身の工房を設立しました。当時の設立された工房の多くが今ではなくなってしまっていますが、Aksel Kjersgaard A/S(A/S」は「株式会社」)は現在でもで家具を作り続けている会社であり工房です。1955年から玄関家具や小物家具の生産を始めて間もなく世界中から注文を受けるようになりました。それらにはAksel Kjersgaardの特徴である細かな意匠や曲線の作りの美しさと機能美が見られ、これはAksel Kjersgaard A/Sが現在展開しているNaver Collectionというブランドにも引き継がれているものであり強い理念を感じます。多くのデザイナーとのコラボレーションも有名で、例えばKai KristiansenがデザインしAksel Kjersgaardが製作したチェストなどはビンテージ市場に於いて絶大な人気を誇っています。そして北欧家具でミラーをお探しの際、必ず目にするのもAksel Kjersgaardの名前でしょう。サイズや細かな意匠の違う多くの種類のミラーが作られてきました。

 

  こちらのミラーはAksel Kjersgaardがデザインしたミラーです。裏面を見るとAksel Kjersgaardのスタンプが押されていてそこにはFor Odder の文字があります。Odderとはユトランドにある海に面した街の名前で、Aksel Kjersgaad A/Sがある街です。そして同じく裏面には紐が付けてあり、こちらをフックにかけてお使い頂くのがスタンダードな使い方になります。Aksel Kjersgaardのミラーといえば真っ先に連想されるのは、こちらのような主木材とはあえて異なる木材や違う木取りによってデザインされた木栓を4隅に配するデザインですが、このデザインはそういった装飾は施されておらず、ローズウッドの存在感と曲線、直線、テーパーデザインのラインのみで強烈な存在感を放ちます。サイズ感として全身鏡としてはスリムな部類のものなのですが、その一際強い存在感は特にエントランスやリビングにつながる通路など、もしくはモノトーンのシンプルな空間にアクセントではなく、強い存在感を放つ実用的なインテリアを配置したい場合にはこれ以上の選択肢はないでしょう。

 

 

  Aksel Kjersfaardのミラーはこちらのような縦長の姿見サイズのものを中心として、あらゆるサイズ、シェイプのものがございますが私の経験上、サイズ感に対して一番存在感の強いデザインが本作品だと思います。しっかりと鏡の存在感を強調したい空間作りにオススメです。フルサンディングを施し、小傷を落としてオイルフィニッシュによりしっとりした質感で仕上げてございます。なお、おそらくデンマーク本国で使用中に中の鏡を一度交換されているようで、そちらの状態も良好ですので鏡自体は磨いた上で仕上げてあります。なお、オプションで国内の各種鏡に交換することも可能ですのでその際は別途ご連絡くださいませ。

 

 

Size

W42 L2 H104(cm)

Material

Rosewood

Designer

Aksel Kjersgaard

Manufacturer

Aksel Kjersgaard

Origin

Denmark

Date

Circa 1960’

 

 

 

ファブリックのカラー交換や、特定箇所の詳細な写真のご希望、複数在庫の作品から木目を選んでご購入されたい場合など、あらゆるリクエストに対応させて頂きますので、ページ右側の緑色の丸ボックスよりLive Chatをご活用ください。Kjaerlundのスタッフがリアルタイムで対応致します。もしくは、お電話 / sales@kjaerlund.com にてご連絡のほどよろしくお願い致します。

Search